ページランク表示ツール

12人の優しい日本人 - 365日映画生活坊主

12人の優しい日本人

最近、始まった陪審員制度を映画した作品で、十二人の怒れる男と良く似た作品でとても楽しく見ることが出来ました。

ある陪審審理のために、素性も考えも全く異なる12人の陪審員が集められた。一つの部屋の中で、「良くも悪くも日本人らしい12人」が、ある男性の死をめぐって事件か事故か、有罪か無罪かで激論を交わす。


12人の優しい日本人

12人の優しい日本人

もし日本に“陪審員制度”があったら? というシチュエーションで展開される、三谷幸喜脚本のコメディ映画。すぐ終わるかに見えた審議が、討論好きの人物が無罪の根拠を1人1人に問い詰めたことから、意外な方向へと流れていく。

【スペシャるプライス】 12人の優しい日本人(DVD) ◆27%OFF!

【スペシャるプライス】 12人の優しい日本人(DVD) ◆27%OFF!

【豊川悦司の最新記事】

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック

笑の大学
Excerpt: 舞台は昭和15 年。日本は戦争への道を歩み始めていた。国民の娯楽である演劇は規制され、警察で台本の検閲を受けなければ上演できない。そんな時代に、生まれて一度も心の底から笑ったことがない検閲官・向坂睦男..
Weblog: 365日映画生活坊主
Tracked: 2010-04-04 18:20

楽や

powerd by 楽や
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。